目の周りの乾燥対策!バッチリ潤う保湿化粧品
  1. トップページ
  2. 目の周りがかゆい場合は美肌菌不足を疑え!

目の周りがかゆい場合は美肌菌不足を疑え!

目の周りが乾燥していてさらにかゆい!場合は、主に2つの原因が考えられます。

1つは、乾燥によるバリア機能低下により、花粉やハウスダスト、乾燥した空気などの刺激を受けやすくなっている。

もう1つは、肌常在菌のバランスが崩れて、美肌菌ではなくて悪玉菌が繁殖しているというケース。

2つ目の原因は、かゆみがちょっと強い場合に疑われます。かゆみが軽い、ちょっとかゆいかな?という程度の場合は乾燥が原因というのが多いですね。

もし赤くなって炎症が起きている場合は、あれこれ試す前にまず炎症を鎮めるのが重要。

皮膚科に状態を判断してもらって、肌が落ち着いてきたら再発しないように乾燥対策に加えて、美肌菌育成にも力を入れてみてください。

強いかゆみは黄色ブドウ球菌の繁殖かも

では、かゆみがかなり気になるなあという人の目の周りには何が起きているのか?

もちろん乾燥によるバリア機能低下が主原因と予想できますが、肌常在菌バランスの崩壊も重要なチェックポイント。

肌には数えきれない様々な菌が住んでいるのですが、善玉菌(美肌菌)もいれば悪さをする悪玉菌もいます。普通はこの両者がバランスを拮抗させており、善玉菌が優勢なら肌トラブルは滅多に起きません。

でも、目の周りが乾燥してしまうと悪玉菌が繁殖しやすくなり有利になります。

特に悪玉菌の中の黄色ブドウ球菌は肌荒れ菌で、肌に炎症を起こして強いかゆみをもたらします。

つまり目の周りがかなりかゆい場合、乾燥のさらに先の、肌常在菌バランスが悪くなっていることも考えられるのです。

快適でノントラブルな美肌菌肌に導くには?

美肌菌を優勢にするにはどうすればいいの?

ということですが、これには2つの有力なケア方法があります。

当然、こちらで紹介しているようにセラミドケアなど有効な保湿ケアは必須。そのうえで、以下のことを強く意識してみてください。

1.目の周りを手抜きくらいに洗う

洗顔をすると肌常在菌は善玉も悪玉もごそっと減ります。

ただ、減らしすぎなければ時間経過で元のバランスに戻ります。

でもガッツリ洗ってしまうと、元のバランスで戻らず、黄色ブドウ球菌などの悪玉菌のほうが増えた状態で戻ってしまうのです。

洗うことで肌が綺麗になると思われがちですが、肌常在菌バランスが崩れたかゆみ状態には完全に逆効果。しっかり洗顔をする限り、目の周りのかゆみはまず治らないと思っていいでしょう。

逆に目の周りだけでも、今よりもっと軽く洗うことで、美肌菌の量が戻ってかゆみのない肌に戻れる可能性が出てくるのです。

2.美肌菌だけが好んで食べるオリゴ糖を与える

肌の常在菌は主に皮脂を餌として物質を作り出します。

その中でも天然の保湿クリームを作り出し、さらに悪玉菌が住みにくい環境に保つ美肌菌(表皮ブドウ球菌)は、オリゴ糖が好物。

しかし、ただ単に肌にオリゴ糖を塗ってもべたつくし、何より悪玉菌も餌としてしまいます。

そこで開発されたのがバイオエコリアという特殊なオリゴ糖。

これは肌にとっていい美肌菌だけが積極的に食べられる特性があり、美肌菌だけが元気に増えてくれるのを助けます。

つまり、乾燥かゆみの原因となっている悪玉菌が住みにくい環境づくりができるということ。

科学的な成分ではないため肌にも優しく、かゆみケアができるとても優れたオリゴ糖なのです。

美肌菌ケア+目の周りに最適な基礎化粧品

HANA オーガニック

  • 美肌菌を育てるバイオエコリア配合
  • 目の周りに最適な安心オーガニック
  • 自然で高い潤い。自ら保つ保水力
  • 綺麗な女性に必須のめぐりを高級ダマスクローズで後押し
  • UVカット美容液はクレンジング不要で目元を乾燥させない

美肌菌の大きな味方となるバイオエコリアを配合した高実感オーガニック化粧品。

優しいだけじゃない機能的なオーガニックブランドとして抜けた存在です。

基本的な保湿にバイオエコリアを加えて、乾燥とピリピリから自然にケア。目の周りでも積極的に使っていける安心感がありとても使いやすくなっています。

さらに大きなメリットがダマスクローズ水をふんだんに使っていること。自然に鼻から脳に抜けるこの薔薇の香りは、他の薔薇とは違い女性のめぐりに大きく働きかける力があります。女性は毎月肌の調子が上下するように、特に目の周りは影響されがち。

希少なダマスクローズの香りはこれを支え、薄く乾燥した目の周りの肌をしっかりケアしてくれます。

美肌菌と内からのケア。この2つにより、乾燥緩和だけじゃない高い肌の快適をもたらしてくれます。

メニュー