目の周りの乾燥対策!バッチリ潤う保湿化粧品
  1. トップページ
  2. 目の周りの乾燥に使える保湿化粧品の条件

目の周りの乾燥に使える保湿化粧品の条件

目の周りの乾燥対策に使える保湿化粧品は、アイクリームはあんまりおすすめしないことを(主に価格的に)他ページでも書いてあります(ディセンシアのアヤナスは別)。

ではどんな保湿化粧品だと目の周りにも安心して使えるかって話です。

条件としては、

  • 敏感肌で使える
  • 保湿成分の浸透力が高い
  • 余計な成分が入っていない

ということです。

敏感肌に使えて保水力が続くもの

目の周りの皮膚はとにかく薄くてデリケートなので、低刺激!って書いてある化粧品でも結構しみたり荒れたりします。

要は目の周りって基本的に敏感肌なんですよね。だから、敏感肌の人が問題なく使えている保湿化粧品がベストというわけです。

ただ、敏感肌向けの化粧品って肌に優しい代わりに効果がイマイチって感じがしませんか?自然にこだわりすぎて微妙…みたいな。

保湿化粧品に限って言うと、その理由って効果の持続が悪いからそう思うのでしょう。

保湿って一時的じゃダメで、保湿したらそれを閉じ込める作用がないと潤いが持続しませんよね。何かいろいろ入っている化粧品ってこのあたりがうまいんです。でも敏感肌向けってこのあたりが弱くて、使い心地はいいけどしばらくするとまた乾いてきた…みたいな。

じゃあワセリンがあるってなるんですが、あれはべたつくし、見た目も悪くなるので継続使用が難しいです。

つまり、敏感肌向けだけど保湿効果の維持が長い、さらに見た目や使い心地に不満がない…そんな保湿化粧品が一つの条件となります。

そのことと関係して、保湿成分の浸透力の高さも重要です。

主要保湿成分の浸透性

目の周りの皮膚は薄くて超デリケートってことは、なるべく手で触れないほうがいいんです。肌は触れば触るほど老けるって聞いたことないですか?男性の方が肌が綺麗なこと多いのはそのせいだって言われています。

だから、さっと塗るだけでスーッと肌の奥まで浸透するやつじゃないとダメってことです。変に塗りこんだり、肌表面にしか浸透しないで何度も塗り直すような必要があるのはNGってことです。

有名な敏感肌専門ブランドならだいたいO.K.

資生堂のdプログラム、花王のキュレルが敏感肌専門ブランドで有名ですが、だいたい目の周りの乾燥にも使えるという声が多いです。

ただ目の周りは乾燥の問題だけですまないですよね。シワだったりたるみだったり。

従来の敏感肌専門ブランドはこの点が弱く、さらに保水力の持続がいまいちという口コミもちらほらあります。

それに対して後発のディセンシアはエイジングケアと保水力で評判が高く、私が使っても確かに違うと感じました。

その理由は、セラミドの浸透力。そして特許技術の採用です。

この2つが優しさを維持しながら、明らかな保水力を維持してくれます。特許技術はワセリン以上の水分蒸発抑制機能がありながら、ワセリンのようなベタつき、テカリがないのが特徴。セラミドとの相性が抜群なのです。

そしてエイジングケアラインがあり、他ブランドがアピールしている機能の全てに対応しています。

まだ試したことがない人は、一度ディセンシアのアヤナスを試してみるといいですよ。

ディセンシアのアヤナスについてはこちら

メニュー