目の周りの乾燥対策!バッチリ潤う保湿化粧品
  1. トップページ
  2. アイクリームは目の周りの乾燥には良くない?

アイクリームは目の周りの乾燥には良くない?

目の周りの乾燥を治すためにアイクリームが人気ですが、アイクリームだから目の周りにいいとは限らないんですよね。

なぜかというと、アイクリームにもいろいろあるからです。

アイクリーム=刺激性がないとも限らない

アイクリームは保湿成分だけで構成されておらず、何か小じわやたるみ対策などの様々な成分が含まれていることがあります。これらが刺激となって染みるケースあります。

仮にこのアイクリームをほっぺたや鼻に塗っても染みない人は多いと思いますが、目の周りの乾燥が進んでいる人は染みる確率がグンとあがります。それだけ目の周りの皮膚って薄くて弱いからです。特に乾燥しているときはバリア機能が落ちているため余計です。

だからこそアイクリームという目元専用のものが選ばれるんですが、実際はそんなに優しい成分でできていないケースがあります。あとすごい値段が高いです。中身的には他の化粧品と大して差がないのに、アイクリームという名前になるだけで急に高くなりますよね。量がすっごく少ないのに…

一番安心なのはブランド自体が敏感肌専門ブランドのクリーム

ではアイクリーム以外で目の周りの乾燥にいい化粧品って何かって言うと、敏感肌用の保湿化粧品になります。

そもそもなんでアイクリームというジャンルがあってそれが選ばれるかというと、目元だからということですよね?目元は皮膚が薄いし弱そうだし、既に赤くなったりかゆくなったりしている人もいると思います。目元はすごく人の目に目立つし、何かあっては大変だからという理由で、目元専用のアイクリームなら安心だと思います。

でもそう考えると、別にアイクリームじゃなくていいんじゃない?と思うんです。

なんでかって、目元がすごく弱くて敏感なんだったら、単純に敏感肌向けの保湿化粧品を使えばいいんですよ。そういったものってアイクリームとか目元専用とかそういうジャンル分けされていないのですが、逆に言うとそこまで分けなくてもどこでも使えるよっていう裏返しです。わざわざ目の周りのためのスペシャルケアとかいう必要ないんです。

こういった敏感肌向けの保湿化粧品ってしみないし、成分に余計なものが入っていないのですごく目の周りにも優しいです。あと顔全体に使えるので、アイクリームみたいに割高になることもないです。目元だけじゃなくて単純に顔全体も潤ってシワ予防になるし、いいことづくめです。

今までアイクリームを使っていて、もっと優しいアイクリームないかな?乾燥にいいアイクリームないかな?って思っている人は、一度それをやめて、敏感肌向けの保湿化粧品を使ってみてほしいなって思います。

唯一の例外はディセンシア アヤナスのアイクリーム

ここまで書くとアイクリームなんて不要と思われそうですが、一部例外があります。

このサイトでも紹介している敏感肌専門ブランドのディセンシア。こちらのエイジングケアラインのアヤナス(綺麗な赤色がイメージカラー)のアイクリームです。

ここのブランドの刺激感の無さは秀逸。他同様のコンセプトブランドより肌につけた瞬間、その後ずっとの違和感がなく、自分の皮膚と一体になっている感じがあります。

アヤナスのクリームはそれ自体がアイクリームとして機能しますが、アイクリームという位置付けでもラインナップがあります。

違いですが、安全性については全く同じ。プラスとして、目元をより綺麗に見せてくれる内容になっているのと、目の周りの皮膚により合わせた成分配合になっているのがポイント。

目の周りの皮膚が乾燥すると、その程度によっては角質の隙間が開きすぎて、与えたセラミドが安定しないことがあります。そこでワセリンなどでフタをすることが求められます。

アヤナスは通常のクリームでそのフタ機能(ヴァイタサイクルヴェール)がありますが、動きが激しく安定化しづらいセラミドをさらに密着させる機能を持っています。だからアイクリームなら乾燥が進んだ状態でもコレ1つでバッチリというわけ。

だからアイクリームで選ぶというより、肌状態によってアイクリームを選ぶべき、というのがアヤナスでは言えるのです。

メニュー