目の周りの乾燥を解消する保湿化粧品の選び方

目の周りだけは顔で特殊!一番老ける原因は乾燥!

顔の中で最も他と違う皮膚なのが目の周りです。薄い、皮脂が少ない、よく皮膚が動く…そんなに乾燥したいの?というくらい乾きやすく弱い条件が揃っています。

そんな目の周りの乾燥は、ただ保湿すれば治るというものではありません。保湿のやり方を間違えると、乾燥改善どころかシワ、たるみを作る原因となります

目の周りは実年齢20代でも見た目40代みたいな人がいます。総じてそのような人は乾燥を放っておいた、または我流の保湿ケアを頑張りすぎた人です。つまり、目の周りの乾燥を放置、ケア方法を間違えると簡単に10歳以上老けてしまうということです。

>>目の周りの乾燥に適切な保湿化粧品の条件と詳細

>>乾燥+かゆみが気になるなら美肌菌不足かも

これはやってはいけない目の周りの保湿ケア方法

洗顔時に指を目の周りに当ててしつこく洗う

たっぷり濃密泡を作っていても、その泡は目の周りに乗っていればそれでO.K.です。指を当てて意識的に泡を動かす必要はありません。

むしろそれをやると、ただでさえ少ない保湿成分のセラミドが流出。後の保湿ケアが意味をなさなくなります。洗浄成分が皮膚に乗っていれば十分汚れも取れて綺麗になるので大丈夫です。

化粧水、クリームを数回かけて押し込む

化粧水や保湿クリームを浸透させようと何度も目の周りを触り、押し込んだりじっと押さえておく必要はありません。

ナノ化、リポソーム化など浸透性を高めた、人型セラミドなど適切な保湿化粧品を使っていれば無理にパックやコットンパッティングは不要。肌に触れる回数が増えると、それだけセラミドが出ていき、薄い肌が伸びてシワになりやすくなります。

界面活性剤を使わない特殊な化粧品ならパックという手もあります。でも通常の保湿化粧品ではやらないほうがいいですね。それにパックしたところで、潤いは肌の上に乗っかっているだけであまり意味はありませんので。

オイル保湿

目の周りの皮膚は皮脂腺が少ないので乾燥しやすい部分です。しかし、皮脂はイメージほど乾燥を防ぐ機能がありません。乾燥を防ぐ脂質はセラミドや脂肪酸などで構成される細胞間脂質です。

目の周りの乾燥を防ぐセラミドは油分性なので、オイル保湿をやりすぎるとセラミドが流れ出てしまいます。オイルクレンジングで突っ張ったようになるのはこのせい。よかれと思ってやった油分対策は全くの逆効果になります。

40代以降の女性は皮脂分泌量がガクンと低下します。セラミド保湿しても外からの刺激を感じるようなら、ホホバオイルやスクワランを足すといいでしょう。ただ、セラミドクリームを使うなら、それに含まれる油分で通常は大丈夫ですけどね。

そもそも皮脂腺が少ない目の周りに、頑張ってオイル保湿しても非効率ですよね。足りないのは油分じゃなくてセラミドです。

目の周りの保湿ケア~これだけ守れば合格点!

洗顔剤はソフトな乾燥肌タイプか、むしろ当てない

目の周りの洗顔は意識的に行う必要はありません。乾燥肌向けのソフトな洗浄力であっても、なるべく泡を乗せてかるくサッと転がすだけで十分です。

洗浄成分は脱脂力があり、この脱脂力がセラミドを溶かしてしまうためです。

また、手持ちの洗顔剤の洗浄力が強そうなら、目の周りには泡を付けず、他の部分の泡を落とすときに水で触れる程度で十分です。それでも他から流れてくる洗浄成分で汚れは落ちてくれます。

目の周りは皮脂腺が少ないため、頬やおでこのように頑固な皮脂汚れ、角栓とは無縁ですから。

クレンジングは優しいタイプに騙されるな!

目の周りというとクレンジング。一番落としづらく、刺激が重なる部分です。

そのため優しいタイプのクレンジングが人気。でも…優しいタイプはメイク浮きが遅く、結局時間がかかって逆効果というケースがあります。

また、洗顔料でも同じなのですが、潤いを感じさせる保湿成分が刺激をブロックしてしまいます。そのため、通常のクレンジングだと「あっ!やりすぎかも」という肌変化を感じず、そのまま刺激のあるクレンジングを続行してしまうリスクもあります。

目の周りは敏感で乾燥しやすいからといって、ソフトなクリームタイプのクレンジングが正解とは限りません。それなら落ちがいいオイルタイプで時間短縮したほうが乾燥は改善されるんですよ。

保湿成分はセラミド一択で。コラーゲンやヒアルロン酸単体は不可

保湿化粧水、クリーム、美容液問わず、保湿成分はセラミドが後悔しないです

コラーゲンやヒアルロン酸は潤っている実感が強いものの意外と持続しません。皮膚が薄い目の周りでは、コラーゲン等が乾燥したときに一緒に目の周りの水分も奪い去ってしまいます。

セラミドは肌(角質層)の奥に浸透して留まり、そこで水分をキャッチします。余計に後で乾燥するという心配がありません。

ただ、コラーゲン等が配合されれいたらダメというわけではありません。メイン成分はセラミドで、ということです。これら成分はセラミドと組み合わせると非常にその良さを発揮してくれます。なのでセラミド系コスメには配合されているのが目立ちますね。

伸びが良く、バリア機能をアップするクリームを使う

目の周りが乾燥しやすい一番の原因は、皮膚が薄いのでセラミド量がそもそも少ないこt.加えて、皮脂も少ないため簡単に水分が飛んで行きやすいためです。

完璧に水分蒸発を抑えるならワセリンを塗ればいいのですが、ワセリンは指で伸ばすのも結構苦労するほど粘り気があり、目の周りに薄く塗ろうとすると皮膚が伸びて明らかに悪影響です。それに瞬きが重くなり気になります。テカテカ光るのも困りますよね。

目の下やまぶたはただでさえ弱い部分なので、皮膚を引っ張らずに塗れる伸びが良いクリームが必要です。一度でサッと伸びて、セラミドが肌に浸透していくようなものがベスト。

また、ワセリンとまでいかなくても、それに近いくらいの水分蒸発を防ぐ機能が求められます

目の周りは皮膚が薄いので、セラミドを補っても他の部位より水分維持が困難です。それを防ぐ機能があると、保湿状態が続き肌の再生が促進され、乾燥が改善されやすくなります。また保湿ケアの回数が減るので肌への負担も減ります。

荒れ気味のときはクリームでしっかりフタ

セラミドが角質層に浸透すればそれだけで水分は維持されます。しかし、乾燥が進んで荒れ気味のときは、角質がめくれ上がっていて、そこからセラミドが逃げ出すため保湿力が発揮されません

こんな場合は、先程のバリア機能が高いクリームを使ったり、薄くでいいからワセリンで仕上げたほうがベスト。せっかくのセラミドを逃さないためです。

特に赤み、かゆみが出ているときは、素直に皮膚科で炎症を抑える薬を処方してもらいましょう。目の周りの皮膚は一度炎症を起こすと非常に治りにくいです。下手に自己ケアすると余計に長引きますよ。

【超重要!】普通・やたら魅力的な保湿化粧品は絶対に使わない

保湿だったらそこまでこだわらなくてもいいじゃん。と思われる人も多いでしょうが、普通の一般的な保湿化粧品は、特に目の周りが乾燥している人にはおすすめできません。

乾燥しているということは、それだけ肌の奥の奥に化粧成分が入り込みやすいということです。裏返せば、届いちゃいけない部分に成分が入ってしまうので、肌がアレルギー反応を起こして炎症を発症することになります。

この炎症は紫外線にしみやシワの発生と同じことになります。目の周りのケアをしているつもりが、逆にシワやしみ、たるみを増やすことになります。炎症状態はセラミドが生産されるのを阻害して乾燥ループにハマります。

目の周りの皮膚は非常に薄いためこのようなことが起きやすいですね。重点的にケアすると、今まで大丈夫だったはずの化粧品で目の周りが赤くなったり腫れることもあります。

最低限、敏感肌対応の、配合成分が限定された保湿コスメを使うようにしてください。

だいたいは大丈夫ですが、やたら美容作用をアピールした、あまり見かけないコスメは避けたほうが無難。とにかくセラミドを安定的に戻すのに特化したほうがいいです。それが最大の美容になりますので。

目の周りの乾燥保湿ケアに必要な条件を満たしたコスメ一覧

目の周り=アイクリームではありません。敏感肌に対応したブランドは、全体がアイクリームと同等に使えます。

目の周りだけでなく、顔の全体に潤いとキメの均一化が訪れると、非常に透明感が出て見た目年齢が変わりますよ。

DECENCIA化粧品 アヤナスシリーズ

  • 敏感肌専門ブランドでセラミド品質がいい
  • コラーゲン対策が与えるタイプじゃない生み出す・守るタイプで優れている
  • セラミドが足りない原因「冷え」「ストレス」も癒やし潤い底上げ
  • ワセリンよりべたつかない特許技術でワセリンいらず

下記紹介のつつむと違い、洗顔・クレンジングがラインから外れ、美容液・アイクリームがラインナップされたエイジングケアラインです。

保湿機能はほとんど同じ。若干こちらのほうが保湿力が落ち軽くなる印象ですが、それでも他社保湿コスメより保湿力の努力は断然上です。

最大の特徴は、刺激をとにかく避けたい目の周りのようなデリケートな肌でも、本来刺激となりうるエイジングケア成分が使えるというところ。これは他の敏感肌ブランドでも実現できていない画期的な成分内容です。

配合成分は各種実験で、肌への刺激が極めて少ないのに、コラーゲン量アップやコラーゲン減少抑制などの実験で好ましい数値を出しています。

アイクリームもありますが、予算的に厳しいなら通常のクリームで全く問題ありません。他ブランドのアイクリーム以上の内容、使いやすさだからです。

目の周りの保湿ケアを、何も気にせずにやれるのはほぼこのアヤナスしかないと言えます。

DECENCIA化粧品 つつむシリーズ

  • セラミド不足を悪化させない洗顔とクレンジングラインナップ。洗顔を丁寧にやりたい人におすすめ
  • 濃厚ながらべたつかない、でも乾燥の悩みを忘れさせてくれる
  • 優れた刺激カット力で真冬の暴風下でもチリチリしない
  • 化粧水とクリームのシンプル保湿ケアで簡単

保湿と肌への安全性にこだわっただけでなく、機能性も他社以上を実現しているブランドの保湿重視ラインです。

洗顔とクレンジングもラインにあるため、目の周りはもちろん、顔全体の乾燥が治らず困っている人は試してみるのがおすすめ。特にクレンジングは汚れがしっかり落ちるけど、セラミドを溶かしすぎない特殊な仕組み。アイメイクにこだわりのある人は使いやすいと思います。

特に秀逸なのが保湿クリームです。この保湿クリーム一つだけでも十分目の周りの保湿ケアが完ぺきにできます。

伸びがよくベタつかず、それでいて仕組みとしてはワセリンと変わらない水分蒸発防止力。とりあえずこれをサッとひと塗りしておけば心配はなくなるはず(アヤナスのクリームにもこの機能あります)。

小林製薬 ヒフミドシリーズ

  • 保湿力の強いセラミド2に加え年齢で減少するセラミド3配合
  • 肌表面のバリア機能を強化するセラミド1配合
  • お米由来の天然セラミド配合
  • ヒアルロン酸の2倍の保湿機能「リピジュア」

様々なお薬、サプリメントでお馴染みの小林製薬が力を入れているコスメもセラミドです。

製薬会社らしく洗顔からクリームまでセラミドづくし。セラミドの元となるコメ由来のグルコシルセラミドも配合し、肌角質内で長くセラミド補給が続けられます。目新しい技術や機能には目を向けず、お薬のプロらしく必要な成分にのみこだわった印象です。

セラミドが不足しているんだ…と気づいた人にとっては、ヒフミド製品ならどれを使ってもセラミド入りというのが安心ではないでしょうか。会社のネームバリューがあるため、かなり上の年齢層の人も使っています。シンプルに保湿だけということでしたら、特にクリームはあっさりしてベタツキ感ほぼゼロなので使いやすいですよ。

目の周りの乾燥だけじゃ物足りない人に適した底上げコスメ

肌老化は乾燥と紫外線さえ防止すれば、あとは加齢原因だけです。つまり年齢より若く見えるというのは、乾燥と紫外線の差なんです。

紫外線は簡単ですよね。でも乾燥は難しい。そしてシワやたるみなどが一度進行すると、乾燥ケアだけじゃ不安も募ります。そんな人には美容皮膚科でもお馴染みの、グロースファクターやペプチド、レチノールなど活性化成分も注目。

MUNOAGE リペアアイクリーム

  • シワ治療認定指導医のアイクリーム
  • 最大10倍!他社より圧倒的に多い美容ペプチド
  • 通常1~3種類のペプチド成分を7種類配合
  • 潤いだけでは戻らない目元を内側からふっくら見せる

シワ、たるみなどの治療を専門とする美容皮膚科が開発した特殊なアイクリームです。

セラミドは入っていません。なのでセラミドのような満足感には乏しいです。でもアイクリームということで十分な潤い維持はあります。

狙いとしては、表面の潤いではなく、さらに内側の問題を解決するために作られています。肌本来の働きをサポートし、化粧品に頼らないで済む目元を目指す…という美容皮膚科医の観点が反映されている成分が濃いアイクリーム

主成分はペプチド。タンパク質の一種で、美容皮膚科では定番の成分。注射やイオン導入などでおなじみです。これは美容雑誌でも良く出てくる成分。しかし、コスト面から成分濃度はまちまち。その点、MUNOAGEは東京の美容皮膚科を代表するような製品なので、種類、濃度ともに飛び抜けています。

b.glen Qusomeエイジングケア

  • アメリカ薬学博士開発のドクターズコスメで日本にはあまりない成分構成
  • 海外セレブの美容ケアに一般的なレチノールが使える
  • 目の周りなど敏感な肌にも優しく馴染むQusome(リポソーム)浸透技術
  • セラミド未配合ながら必要十分な潤い維持とテカリの無さ

アメリカの薬学博士が、薬の成分浸透で培った技術を化粧品に採用したブランドです。

アメリカ発+Qusome浸透技術が、レチノールという扱いにくい成分も一般家庭でも使えるように。このレチノールは顔の彫りが深く、日本人より目の周りの老化が目立つ海外セレブに愛用されている成分です。日本では個人輸入する人もいますが、それらより刺激リスクを抑えて使えるのはb.glenだからこそ。

化粧水やビタミンC美容液などにもQusomeが採用。特に化粧水の馴染み方は格別。クリームいらずなほど潤いが内側から続きます。セラミド未配合ですが、保湿型ビタミンCによりセラミドケアができます。乾燥も目元の深い悩みも両方同時進行ならb.glenが一番適しているでしょう。

目の周りの乾燥対策にセラミドが選ばれる理由

目の周りの乾燥対策で満足しやすいのはセラミドです。でもなぜか?

  • 保水力維持に長けているから
  • 製品差でハズレを引くことが少ない
  • 肌に優しい製品が多い

という点があります。

1.保水力維持に長けているから

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン…いろいろな保湿成分がありますが、どれも長時間水分を維持する機能があります。

ただ、この中だと肌水分量に直接関わっているのはセラミドだけです。さらに、化粧品で十分に浸透し、維持されるのもセラミドだけです。ヒアルロン酸やコラーゲンは基本的に肌表面に留まります。角質層内部にも浸透できますが、私の感覚ではセラミドより遥かに乾きが早いですね。安定していない感じです。

最も保水性があり、最も肌に馴染みやすく、最も長く続く…と言えるのがセラミド。

ただ、セラミド中心で他の保湿成分が絡むとさらに良くなります。この辺りのブレンドは各メーカーの差となりますね。

2.製品差でハズレを引くことが少ない

今までヒアルロン酸やコラーゲンなど非セラミド系コスメをいろいろ試しましたが、良いと思えるもの、そうとは思えないもの、とにかくピンキリの差が激しいです。

その点、セラミド主体のものはハズレという製品に当たりづらいです。もちろんこれはイマイチ!というのはありましたが、その数は少ないですね。

だったら、セラミド主体の保湿化粧品から選んだほうが失敗しなくていいと思います。

3.肌に優しい製品が多い

敏感肌専門ブランドではDECENCIAを紹介していますが、それ以外にもNOVやキュレルなどがあります。また皮膚科医が開発したものや、実際に皮膚科で販売や宣伝がされているのもセラミド主体のブランドが目立ちます。

セラミド自体は角質層に元からある成分なので、そこにセラミドを補うのは自然なことなんですよね。肌水分量維持、バリア機能保持と皮膚機能に大きく関わっているセラミド。肌のことを考えて製品開発した場合、採用しないわけにはいかないはず。

敏感で荒れやすく乾きやすい目元に使う保湿化粧品としては、とても安心して試せるわけです。

目の周りどころか体も乾いて荒れ気味な人に最適なセラミドクリーム

一般的に顔では目の周りがダントツで乾きやすいです。でも、多くの人は目の周り以外に、口の周りや、小鼻なども乾燥して皮むけしやすいです。そして顔以外、首元やかかと、肘なんかもカサカサしやすいですよね。

こんな風に、目の周り以外でもセラミドが活躍。皮膚の厚みは違いますが同じ皮膚なので。

目の周りも使えて、かつ刺激性リスクも低いし機能的…となると、1本でいけるライスパワーエキスNo.11のクリームがベストです。

ライスパワーショップ アトピスマイル

  • セラミド増産を助け、皮膚水分保持機能を改善する医薬部外品クリーム
  • めちゃくちゃべたつかないからクリームが苦手な人もO.K.
  • 皮膚トラブルの人のために開発された優しいクリーム
  • テカリ、不自然感がない仕上がりで目元の透明感アップ

肌トラブルを繰り返す人は乾燥肌、つまりセラミド不足による皮膚水分保持機能の低下が共通点。そんな肌質の人のために開発されたのが、日本発の皮膚水分保持機能改善成分「ライスパワーエキスNo.11」です。この成分の開発メーカーが製品化したのがアトピスマイル。発売以来40万本以上のヒット商品です。

クリームという位置づけですが、とてもクリームという分類ではない使いやすさがあります。しっとりしていて、馴染むとクリームを塗ったのかどうか分からないくらい。非常に自然な透明感を持った肌色になります。

乾燥がひどくて角質がむけているような状態でも、塗ることによりピタッと落ち着けて目立たなくしてくれます。そして使い続けることで皮膚の水分維持が高まっていく改善作用もあり。

ベタつきがなく改善作用もあり見た目にも響かない。なので目の周りはもちろん、口の周りや肘、かかとなど体全体に使えます。化粧水なしでも十分伸びるので、非常にシンプル、かつ有効なケアができる製品です。

メニュー

Copyright (C) 2017 目の周りの乾燥対策!バッチリ潤う保湿化粧品 All Rights Reserved.